ガラス修理をしたあとはフィルムを貼って二度と割れないようにしよう

フィルムを貼ることで耐久性が高まる

断熱フィルムを貼る3つのメリット

メリット①
外気からの熱を遮断したり室内の温度を維持したりできます。断熱と遮熱のおかげで省エネ効果も得ることが可能なのです。
メリット②
断熱フィルムを貼ることで地震によるガラスの飛散を防ぐことが可能です。ガラスは割れると広い範囲に飛散してしまいますから、それを未然に防ぐことでケガ防止にもなります。
メリット③
低予算で施行できますし、時間も掛からないため、断熱フィルムはコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

断熱フィルムを利用するときの注意

外

断熱フィルムは自身で貼ることも可能ですが、ガラス修理業者に依頼すると行なってくれる場合もあります。綺麗に貼れる自信がない人は、ガラス修理業者に依頼してみてください。ガラスが割れない簡単な対処法なので、試してみるのはいかがでしょうか。

賃貸アパートでは水で貼るタイプのフィルムがおすすめ

フィルムを貼る前は大家さんや管理会社に確認をして許可を得てください。無許可で貼ってしまうと退去時に賠償金を請求されてしまう可能性もありますから注意です。フィルムによっては水で貼れるタイプもあるので、簡単に貼りたい場合はそういったタイプを利用してみましょう。粘着タイプの場合は剥がれづらいですから、賃貸物件には不向きです。

デザインにこだわりたいなら

デザインにこだわりがある人は、「デザインフィルム」を選んでみるのはどうでしょうか。四角柄や葉っぱ柄、丸柄や網目柄など色々なタイプがあるので、部屋のコーディネートに合わせてセレクトできます。より、お洒落な部屋になるに違いありません。デザインフィルムも水で貼れるため、お手軽です。デザインフィルムは曇りガラスとしても役割もあるので、室内の様子をあまり見られたくない方にもおすすめです。

TOP_button